田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書 WEB屋からみた営業代行
田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書
株式会社ハマ企画 田中友尋のWEBサイトとWEBに関わるビジネス覚書なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WEB屋からみた営業代行
WEB屋からみた営業代行
営業代行は昔からありましたが、最近、特に営業代行による案内や営業が増えました。
営業代行は、依頼主の商品やサービスを営業代行会社が、依頼主に変わり自前のリストを元に営業を行うというもの。
言葉を変えると。
 ・ブローカー
 ・販売代理
 ・営業委託販売
など 
となります。
電話で営業活動を行うため、テレセールスとテレマーケティングの両方をかねているようです。

WEB屋、いえ 私個人的に営業代行をみた場合。
営業代行会社の知識があまりにも乏しすぎる、営業というのは「自分が惚れた」「自分がいいものだと思うもの」「自分が売りたい」という主観的なものを売り込むということだと思います。

営業会社はあまりにも事務的過ぎて何も伝わらない。

ましてやITが進みユーザの購買行動が変わっているので、本当にほしいサービスは自ら探します。
だからWEBサイトを充実させたりSEOを考えたりする訳です。

DMに近い手法なので、営業間口を広げたい会社や、インターネットを知らないユーザに営業をかけたい会社なら有効かと思いますが、数をこなさないと無理でしょうね。

個人的に営業代行会社に望みたいことは。
・商品(サービス)の知識を熟知してほしい
・自社顧客の信用度が高く、顕在顧客度が高いリストであってほしい。
・顧客に対して定期的情報クリーニングをしてほしい。
・テレセールスは最低でも1,000社以上はしてほしい。
・結果をリストで必ず報告してほしい。

ということです。

先日もテレセールスで営業代行会社が自らセールスをしてきたのですが、自社の説明もできないご担当でした。(しかも100社のテレセールスだった)
もう少しがんばってほしいですね。


''WEBも通常営業もスタンスは全く同じですからね。''


ホームページ制作のハマ企画
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://webconsulting.blog63.fc2.com/tb.php/74-61d53653



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。