田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書 ターゲットユーザについて
田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書
株式会社ハマ企画 田中友尋のWEBサイトとWEBに関わるビジネス覚書なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ターゲットユーザについて
ターゲットユーザについて
ターゲットユーザについて、様々な解釈があります。
これは私の経験上の話であり、一番効果的な方法です。
1.ターゲットユーザは絞るだけ絞る

クライアントにターゲットユーザの設定をヒアリングした場合、多くのリクエストをいただきます。
そのリクエストを箇条書きにすると ターゲットが多いため ターゲットではなく顧客より広いユーザになることがおおいのです。
ターゲットとは【標的】のことなので、絞る必要があります。 絞れない場合、そのクライアントのWEBサイトの方向性がまとまっていないということです。

''ターゲットユーザは絞るだけ絞る''


2.それでもターゲットユーザを絞れない

それでもターゲットユーザを絞れないクライアントがいらっしゃいます。
その場合、ユーザ毎に想定されたランディングページを用意し、アクセスログや個人属性を取得することができる仕掛けをいれます。
その効果測定から、本来のターゲットユーザを見つけるということです。

''ターゲットユーザは絞るべき''


3.ターゲットユーザが絞れない結果

ターゲットユーザが絞れない結果、WEBサイトは誰に発信しているかわからなくなり「ぶれ」が生じます。
そして、力が十分発揮できません。

不幸なのは ''クライアントの良いサービスをうけることができないユーザ''です。
スポンサーサイト

テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://webconsulting.blog63.fc2.com/tb.php/44-2c7811b4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。