田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書 CMSのCはコンテンツ
田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書
株式会社ハマ企画 田中友尋のWEBサイトとWEBに関わるビジネス覚書なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CMSのCはコンテンツ
CMSのCはコンテンツ
前回に引き続き、コンテンツのお話。若干重複もあります。
コンテンツとは中身や内容のことであり、WEBサイトの場合各種情報のことをさします。
複数のコンテンツから成り立っているWEBサイト、コンテンツは複数のページが積み重なっています。

ページのことをドキュメントともいい、HTML、PDF、JPGなどファイルの種類は様々です。
クライアントが更新をしたいと考えている目線は、コンテンツではなくページ単位です。

ここが最大のズレであったりします。

このズレ、CMSを導入する際に大きな問題となります。

コンテンツ単位で考えるという目線を持っていただくためにはサイトマップやサイトフローの重要性。
また、コンテンツをわかりやすく理解してもらうためには、業務はサービスに置き換えていただく必要があるわけです。


もしページ単位という目線が変えられない場合、それはCMSではなく、「高価なホームページ作成ソフト」です。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://webconsulting.blog63.fc2.com/tb.php/43-7fc38745



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。