田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書 SEO : クローキングスパム
田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書
株式会社ハマ企画 田中友尋のWEBサイトとWEBに関わるビジネス覚書なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SEO : クローキングスパム
SEO : クローキングスパム
まだクローキングスパムをやっているWEBサイトがあるようです。
Danny & Rand Discover Flightcentre Possible Blackhat Cloaking : SMX Sydney Day 2より

そもそもクローキングスパムとは、WEBサイトに訪問をするユーザエージェントにより、ユーザを検索エンジンクローラかそれ以外なのかを判断し、ページを振り分ける手法です。


・検索エンジンクローラへはキーワードを大量に埋め込んだページへ
・その以外(一般ユーザ)は通常のWEBページへ

実際、検索エンジンクローラである私たちはお目にかかることはないので、日本ではあまり表だった手法では
ありません。


クローキングスパムサイトはどこに?

貴社のWEB担当者が 自社がターゲットとしているキーワード上位WEBサイトに、キーワードが見られない場合、次の方法によりクローキングスパムを利用しているサイトか調べることができます。


ユーザエージェント(HTTP_USER_AGENT)を変更可能なブラウザを用意する。

 例えば、FireFoxではUser Agent Switcherというプラグインを入れます。

ユーザエージェント(HTTP_USER_AGENT)を検索エンジンクローラに変更する。
 Google(Googlebot )の場合
  Googlebot/2.1 (+http://www.google.com/bot.html)

JavaScriptをoffにします。
 
通常のブラウザと違いキーワードだらけになれば、クローキングスパムです。



悪質な場合は、検索エンジンにお知らせをした方が ユーザにとっても良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://webconsulting.blog63.fc2.com/tb.php/32-ae6322a9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。