田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書 画面サイズは戦国時代。
田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書
株式会社ハマ企画 田中友尋のWEBサイトとWEBに関わるビジネス覚書なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


画面サイズは戦国時代。
画面サイズは戦国時代。
その昔、画面サイズはブラウザのフレーム(枠)を含んだ800×600を基準で設計をする。
(単位はピクセル)という暗黙の了解みたいなものがありました。
この基準ですが、幅800は確定で、高さの600はメインとなるターゲットコンテンツを600に収めてそれを多少超えてもかまわないということです。

しかし最近はこの暗黙の了解がなくなりつつあります。

Flashに代表されるリッチコンテンツから始まり、動的・静的を含む通常WEBサイトのサイズが横に広がり始めているらしいのです。
もともと800×600は、SVGAという解像度が基準となっていましたが、最近のPCはインチアップに伴い解像度も上がっています。

XGA(1024×768)ですら過去のものになりつつあります。

解像度ではわかりづらいので、ディスプレーのサイズで表現すると、19インチ、20インチ…、そしてワイド画面。

参考までに某サイトのアクセスログから画面解像度の上位3位は

1. 1024x768(36.03%)
2. 1280x1024(33.20%)
3. 1280x800(7.69%)


となっています。

XGAが標準であった時もSVGAのサイズを意識した理由は、ブラウザのサイドバーを開いてWEBサイトを閲覧する人が多いからでした。

XGAより上のサイズが増えてくると、画面サイズはどのようになるのか。


まさに 画面サイズは戦国時代 真っただ中なわけです
スポンサーサイト

テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://webconsulting.blog63.fc2.com/tb.php/16-3b22cc75



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。