田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書 Googleサーチウィキの脅威を感じるSEO業者
田中友尋的 WEBサイトとWEBビジネスな覚書
株式会社ハマ企画 田中友尋のWEBサイトとWEBに関わるビジネス覚書なブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Googleサーチウィキの脅威を感じるSEO業者

■Googleサーチウィキの脅威を感じるSEO業者

先日のブログ「Google「サーチウィキ」でSEOが変わる」の続きです。


先ほど、ネット販売コンサルタント事業部さんのブログでサーチウィキが導入され、消失していくSEO

という記事を読みました。


正論というか、今後の流れとして、成るべくして成ると思います。


■一部のSEO業者さん。

Webサイト制作からのSEOを考えている弊社から見て、一部のSEO業者さんとは意見が食い違います。

(弊社だけではなく、同業他社の皆さんも同じ意見みたいです)


一部のSEO業者さんは、順位を上げるならば、「バックリンク」だろうが、なんだろうがします。


一部のSEO業者さんは、Webサイトを利用するユーザではなく、Webサイトを運営している企業を見ています。

ここが根本的に違う訳です。


「なるべく時間をかけず順位を上げて、売上げを回収したい。」という考えなんでしょうね。

「ビジネス」と考えた場合いけないことではありませんが、売上げを上げたり顧客を増やすということは短期間にそして簡単にできることではありません。


これはリアルでもバーチャルでも同じこと。



■遠回りこそ近道、SEOの本質をお忘れなく。

Webサイトを運営している会社の業を理解し、コンテンツを充実させ、「顧客」のことを考える。


先日ヨガワークスの綿本社長が「遠回りこそ近道」とおっしゃっていましたが、ビジネスを成功させるためには時間もかかります。


これだけWebを使ったビジネスが一般化してくると、以前より時間もかかります。

つまり昔に比べて遠回りになる訳でしょうね。


その前に、SEOは検索結果の1位を取ることではなく、検索エンジンに対するサイトやコンテンツの最適化という根本を「Webサイトを運営している企業のご担当」にご理解頂くことが非常ですね。



お忘れなく。



この記事はAllaboutPrfileの田中友尋コラムと同じ内容です。

スポンサーサイト

テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://webconsulting.blog63.fc2.com/tb.php/105-0881066a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。